東京都医学総合研究所による調査で、認知症患者またはその疑いのある人の3割が手足を縛られるなどの拘束を受けていたそうです。

この数字を多いと見るか、少ないと見るか。

認知症患者を拘束すべきか、それとも拘束すべきでないか

そもそもなぜ認知症患者を拘束しないといけないか?

これには理由があります。その理由がこちら(多い順)。

・転倒リスクを避けるため
・チューブを抜くリスクを避けるため
・チューブを抜いたため
・転倒したため
・転倒しかかったため
・チューブを抜きそうになったため

これらの理由を見ると患者をしっかり介護したり、治療するために拘束をしていることがわかります。

一方で、拘束を受けることで

・暴れることが増える
・衰弱が進む
・介護依存度が高まる

このようなデメリットが増えてしまいます。

また、拘束されることは人権上どうなのかという問題もあります。

このような理由から、認知症の人に対して、十把一絡げに拘束すべきとか拘束すべきないとか決めるのは難しいです。

ケースバイケースで対応することになります。

その中で、認知症患者、その家族、介護従事者、病院、それぞれがもっとも満足するような方法を模索していくことが必用です。

ただ現実的には、病院や施設は問題になることを恐れるために、拘束することが一般的です。

そして、その拘束に対して患者の家族に同意書のサインを要求します。

もし、この同意書にサインをしなければ認知症の家族を預かってもらえません。

家族はこうなるととても困りますから、仕方がなく同意書にサインすることになります。

現場で拘束が当たり前になっている?

調査結果を見ると介護や病院などで認知症患者を受け入れる場合、問題がある場合には拘束することが当たり前となっているところもあるようです。

これは、現場が認知症患者の急増に追いついてないという理由もあります。

しかし、実は日本の介護現場において原則、身体拘束は禁じられてます。

これは、2001年に欧米の基準を参考に作られた介護施設向けの指針によるものです。

ここでいう拘束とは

・拘束具を使うこと
・ひもなどで手足を縛ること
・ベッドの四方を柵などで囲うこと

です。

拘束は禁じられているがせざるを得ないという事情があるため、ある意味指針はただの文言に過ぎず、強制力はないと言えます。

ただ、今後さらに認知症患者が増えることが考えられるために、拘束に対する対応がこのままでいいのかをじっくり検討する必要があります。

患者の立場で工夫をする

拘束を減らすこと。

これをどうやったら実現できるか?

一部の病院では、このような取り組みが行われているところもあります。

そのためにポイントとなるのが、認知症患者が問題を起こす理由を患者視点で解明して、解決するということです。

例えば、カテーテル治療を施した認知症患者。

急に立ち上がるなどして興奮してしまったそうです。

現場は身体拘束を考えましたが、本当に必用なのかとさらに検討を続けました。

そして、看護師が「点滴治療中」という紙を貼って、認知症患者に見せたところ、それを見て認知症患者は落ち着きを取り戻したそうです。

つまり、この認知症患者は自分が何をされているのかがわからず不安になってしまったのです。

でも、紙に書かれた内容(点滴治療をしている)を理解して、安心したのです。

これは一つの例ですが、対応の仕方次第でこのように拘束をしなくても対応ができるということです。

大阪大学医学系研究科の准教授は、

「医療現場では身体拘束の必要性と悪影響を比較する検証がほとんど行われていない。どこまでの拘束なら妥当かを改めて考える必用がある」

と述べています。

確かに、日本の高齢化が進むことで認知症になる人も増えるわけですが、安易に身体拘束に頼ってしまうと、かえって問題を増大させる可能性があります。

医療や介護現場だけでなく、患者家族またその周りにいるあらゆる人々と共に、考えていく課題だと思います。

まとめ

認知症の人を拘束すべきか、それとも拘束すべきないのか。

簡単に決めることはできないですが、実際にその場に居合わせると、拘束を選んでしまいがちです。

私ごとですが、父がいわゆる老人病院に入った時、ミント(手袋の大きいやつ)をされました。

なぜかというと、点滴などを抜こうとしたためだそうです。

確かに可愛そうなのですが、治療のためには致し方ないというところもあり、それを容認せざるを得ないというのが本当のところです。

今考えると、もっといい方法があったかもしれないと思うこともあります。

ただ、現場でその時にじっくり考えるのは無理なので、このことに関して事前にもっと対応を煮詰めていく必用があります。

個人的には、身体拘束は原則しないことに賛成ですが、やむを得ない場合には拘束するしかないのかなって思います。

ただ、その線引きを簡単には決められないです。

やはり臨機応変にケースバイケースで対応するってことになるでしょう。

参考:読売新聞